近年ペニスに関わる悩みが増えています。ここでは手術による増大方法についてチェックします。

ペニス増大方法<手術による増大>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのがペニスに関わる悩みと言われています。短小や包茎、EDなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。以下では、男性のペニスを大きくさせる為の方法として「手術による増大方法」についてご紹介します。

手術による増大方法

手術でペニスを大きくするにはどの様な方法をとるのでしょうか?現在の専門クリニックでは主に2つほど存在します。ここではよく行われる二つの方法に目を向けてみましょう。

間接的にペニスを長くする手術(長茎手術)!

これは、ペニス自体には何もしないで、体の中に埋まっているペニスの一部を引っ張りだすことで、ペニスを長くする手術方法です。また、太っている人の場合は、ペニスのある下腹部の皮下脂肪をとって、ペニスを長くみせる手術方法もあります。

この手術方法は、普段の状態でのペニスは長くなりますが、ペニス自体には何も処置しませんので、勃起した時のペニスは以前と同じだそうです。この手術でどのくらい長くなるのかは個人差がありますが、最大で5cm程度といわれています。ペニスを太くしたい場合には、別の手術方法があります。

ペニスに注射する手術(増大手術)!

こちらは、ペニスに注射器で何らかの素材を注入することで、主にペニスを太くする手術方法です。なお、現在ではペニスの太さだけでなく同時に長くさせることができる手術を行なっているクリニック(医療機関)もあります。注入する素材は、コラーゲンやヒアルロン酸のような体内に存在する物質から自分の体から採取した皮下脂肪や特殊な物質までいろいろとあります。

コラーゲンやヒアルロン酸を注入する場合には、費用が比較的安いもののペニス増大効果が持続する期間が半年から2年程度のようです。一方、費用は高くなりますが、自身の皮下脂肪を注入する手術では、多くの人で半永久的にペニス増大効果が続くそうです。また、太さと長さを同時に増大させる特殊な手術は、こちらも費用が高いですが、半永久的に効果が続くとされています。

しかしペニス増大手術には、コストが高いというデメリットや後遺症の心配がつきものですので慎重に検討されてください。デメリットや後遺症が心配と思われる方は、まずは副作用のない増大サプリメントから始められることをお勧めします。

また真剣にペニス増大をお考えでしたら専門クリニックなどで相談されると良いかと思います。専門クリニックですとABCクリニックは有名で全国に店舗があるので気軽に相談できると思います。また、本田ヒルズタワークリニックは日本で一番予約が取りにくい包茎治療専門クリニックとして有名で、技術も高いと思いますので安心できるのではないでしょうか。