近年増大系のサプリが増えています。ここでは増大サプリに配合される成分をチェックします。

ペニス増大方法<増大サプリの成分>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのがペニスに関わる悩みと言われています。短小や包茎、EDなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。

以下では、男性のペニスを大きくさせる為の方法として「増大サプリの成分」についてご紹介します。

増大サプリの成分

ペニス増大サプリには、たくさんの効果を高める物質が含まれていますが下記の3種が主要成分です。ここでは一般的なペニス増大サプリによく含まれている増大効果を高める成分についてご紹介しています。

ペニス増大効果を高める3大成分について!

成長ホルモンの分泌効果を促す物質として知られているのが、シトルリントリプトファンです。シトルリンは、最初スイカから抽出された物質で、アミノ酸の1種です。この物質は、精力サプリ以外にも疲労回復サプリや筋肉増強サプリなどにも使われています。

トリプトファンは、これもアミノ酸の1種で、体内では様々な効果を発揮しますが、ペニス増大させるという効果の面では、海綿体を成長させる(タンパク質の合成)作用があります。その他には、シトルリンからつくられるアルギニンもペニス増大サプリで効果的に使われることの多い物質です。アルギニンもアミノ酸の1種で、成長ホルモンの分泌に寄与しています。また、血流がよくなるため、勃起力強化の効果もあります。

シトルリン成分※参考:Wikipedia「シトルリン」

物質と原料の違いを知っておく!

ペニス増大サプリの成分をみてみると、上記のようなシトルリンなどの物質名とマカあるいはクラチャイダムのような原料名が混在していることがよくあります。

シトルリンやアルギニンなどの物質は、それぞれ体内でどのような作用をしているのか、医学生物学的に解明されていることが多く、それを知っていると成分表をみていてもわかりやすいです。

代表的なサプリを紹介するとギムリスゼルタインバリテインブレーザーαそしてバイタルアンサ−といったサプリにはL-シトルリンが配合されています。

一方、マカやクラチャイダムのような原料(あるいはエキス)は、非常に多くの物質からできています。

サプリでいうとクラチャイダムゴールドマカ&クラチャイダム12000クラチャイダムEXハイパークラチャイダム王などがそうです。

その原料にどんな物質が含まれているのか、おおよそのことを知っていると、サプリの成分表をみた時にその効果を見るのに混乱しなくて済みます。

もっと簡単な方法としては、ネットで実際にそのサプリを服用されている方の口コミや増大系のランキングを参考にされると良いかと思います。

また真剣にペニス増大をお考えでしたら専門クリニックなどで相談されると良いかと思います。専門クリニックですと東京スカイクリニックは有名で全国に店舗があるので気軽に相談できると思います。また、本田ヒルズタワークリニックは日本で一番予約が取りにくい包茎治療専門クリニックとして有名で、技術も高いと思いますので安心できるのではないでしょうか。

ペニス増大サプリで有名な3大成分

シトルリン

L-シトルリンは精力サプリに配合されることが多い成分です。精力アップに関して良い働きが期待できそうですが、L-シトルリンとは具体的にどんな成分なのでしょう。期待できる効果や働きを中心に見ていきます。

シトルリン成分

※参考:Wikipedia「L-シトルリン」

L-シトルリンの成分

L-シトルリンは1930年に日本で発見されたアミノ酸の名称です。スイカの果汁の中に含まれている成分で、スイカ以外にもキュウリなど身近な食べ物に含まれていることがその後わかりました。

そのため普段の食事の中で知らずにL-シトルリンを摂取しているケースも珍しくありません。日本で発見されたこともあり日本人にとっては実は馴染みの深い成分です。

» 続きは、精力成分百科事典「シトルリン」をご覧ください。

トリプトファン

トリプトファンと言えば、男性向けのサプリメントによく配合されている成分です。しかし、具体的にどういう特徴を持っているのか知らない方も多いかもしれません。簡単に言うとリラックス成分なのですが、精力サプリを選ぶ時に困った場合、この成分が入っているサプリを選ぶと良いと言われています。ここでは、トリプトファンの特徴について詳しく説明します。

トリプトファン

※参考:Wikipedia「トリプトファン」

トリプトファンの成分

トリプトファンとは、ナッツ類や大豆製品の中に含まれる必須アミノ酸の一つです。必須アミノ酸とは、人間が食事などを通じて必ず摂取しなければならないタンパク質のことです。体が作り出せないアミノ酸なので食品から摂るしかないですが、鶏肉やさんま、インゲン豆などに含まれているので、比較的普段の食事でも摂取しやすいでしょう。

しかしいつもインスタント食品やジャンクフードばかり食べている人は、不足しがちになるので注意しないといけません。不足すると精神的に不安定になるので、うつ病になることが懸念されます。トリプトファンは神経伝達物質の原料ともいわれ、精神を和らげたり、安定化させたり、鎮静させる作用を持っています。それ以外の健康効果については、さまざまなものが報告されています。

例えば、トリプトファンの摂取によって集中力や記憶力が高まるといわれています。また、老化を予防するアンチエイジングの効果も期待できるようです。さらには、不眠解消、鎮痛効果、月経前症候群の改善などがあります。アメリカではトリプトファンがメンタルケアに活用されており、栄養補助食品の形で広く販売されています。なお、トリプトファンを含む食材には、チーズや牛乳、バナナ、アーモンドなどがあります。

» 続きは、精力成分百科事典「トリプトファン」をご覧ください。

アルギニン

L-アルギニンは、精力増強効果が抜群ということで、精力サプリによく含まれています。精力剤やエナジードリンクなど、有名な健康補助食品には必ず含まれていて、その名は比較的有名でポピュラーな成分>の1つです。

アルギニン成分

※参考:Wikipedia「アルギニン」

アルギニンの成分

L-アルギニンとは、筋肉の成長に必要なアミノ酸の一種で、体内でも合成される成分です。成長ホルモンの分泌を促進する重要なアミノ酸なので、成長期の摂取はもちろん、成人してからの摂取も必須で若返り効果があると言われています。

アルギニンが不足すると肌の老化やむくみなどの症状が現れ、肥満や臓器機能の低下などが懸念されるので注意が必要です。また、一酸化窒素の生成が減ることから糖化が進行し、強いては免疫力の低下やアンモニア解毒作用の低下などを招くことになります。アミノ酸にはL型とD型の2種類があるのですが、D型は体に入っても作用しないで体外へと排出されます。 つまり体内で作られるアルギニンはL型で、精力サプリや栄養ドリンクに入っているアルギニンは全てL型なのです。

» 続きは、精力成分百科事典「アルギニン」をご覧ください。