近年精力に関わる悩みが増えています。ここでは中国製精力剤についてチェックします。

中国製精力剤の危険

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています、精力はストレスなどの影響を受けEDなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せることが出来ると言われています。
以下では、そんな精力に対する自信を取り戻す方法として「中国製精力剤」についてレポートします。

中国製精力剤の危険について

精力剤は様々な国で販売されていますが、海外製の精力剤は体に合わないことが多く、特に中国産の精力剤は危険と問題視されています。ではなぜ日本製の精力剤なら良く、中国産はダメなのか、その辺のところを探ってみました。

中国国旗

中国製精力剤の安全基準や衛生レベルは低い!

中国製の精力剤は安くて購入しやすいメリットはあるのですが、とにかくいい加減で信頼できない商品が多いです。一般的に中国製というだけであまり良いイメージはなく、何が入っているのかよくわからないのが中国製です。これはあらゆる商品に言えることなのですが、精力剤も例外ではなく、日本と中国の安全基準や衛生レベルには大きな隔たりがあります。

日本はあくまで安全や衛生を重視して販売するのですが、中国の場合、売れればどんな物でも良いというスタンスです。これでは、中国産精力剤は危険と言わざるを得ず、特商法表記なども適当で、ただ単に安く売っているだけでメリットは感じられません。食品や工業品など全てにおいて粗悪な製品を販売しているのが中国なので、精力剤についても避けた方が無難でしょう。中国産精力剤が危険視される最大の理由は、日本ではNGの医療用成分が含まれている可能性が高いからで、健康被害に見舞われるリスクが懸念されます。

中国製精力剤は副作用の危険性が高い!

中国産の精力剤には、何が入っているのかわかりにくく、怪しい製品が多いです。違法成分が混ざっている可能性が高いので、かなり高い確率で副作用の症状が出る危険性があります。実際、そうした事例はあり、中国産精力剤を服用したところ、翌日低血糖による意識障害に陥り、起きれなくなったという恐ろしい報告もあるほどです。

幸い命は助かったものの、後で精力剤の成分を調べたところ、副作用の強い医療用成分が混入していたことがわかりました。中国産の精力剤が危険視されているのは、そもそも中国の食材そのものに危険性があるからで、短期間で経済大国となった中国の環境汚染は目に余るものがあります。土壌汚染についても指摘されていて、水銀などが沢山含まれているので、体内に入ると死亡する率が高いようです。

中国産バイアグラは、ほぼ100%偽物と言われる!

精力剤では特に中国産バイアグラが危険で、ほぼ100%偽物と言われていて、服用すると意識不明になったり、場合によっては命を落とす危険があると言われています。中国産のED治療薬を服用すると死亡する危険性があるので、避けるようにしましょう。

精力剤を購入する場合、中国産の精力剤は危険で、衛生管理がしっかりなされていません。怪しい製品がほとんどで違法成分が混入している可能性が高く、副作用の危険があります。中国製の精力剤は日本製のように安全や衛生を重視して作られていないので、使用は避けるべきでしょう。

日本で安全や衛生的な精力剤を購入したい場合は、ED薬剤を処方するABCクリニックが日本全国にあり有名です。無料カウンセリングで、ED薬剤(バイアグラ・レビトラ・シアリス等)の処方や「 ED治療機」での治療など、あなたの症状に合わせた改善方法を丁寧に教えてくれます。また、薬局ですとあかひげ薬局が有名で、悩みにあった精力剤を処方してくれます。一度悩みを相談されてみてはいかがでしょうか。