近年EDなどの悩みを持つ方が増えています。ここでは勃起障害(ED)逆行性射精についてチェックします。

勃起障害(ED)逆行性射精

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています、精力はストレスなどの影響を受けEDなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せることが出来ると言われています。
以下では、そんな精力に対する自信を取り戻す方法として「勃起障害(ED)逆行性射精」についてご紹介します。

勃起障害(ED)逆行性射精について

勃起障害の症状は色々とあり、全く勃起しない勃起不全だけでなく、中折れなどの萎縮状態などもEDの症状の1つです。そうした中、射精障害の1つである逆行性射精というものがあり、勃起は可能なのですが射精時に精液が少ないという症状があります。

男悩み頭痛

逆行性射精はEDの中でもやっかい!

逆行性射精はEDの中でもやっかいな症状で、勃起はできるのに満足の行く射精量が確保できません。要するに、精液が明らかに少ない状態であり、場合によっては全く精液が出ないケースもあります。性的興奮が高まって絶頂を迎えると射精に至るわけですが、それは一定のプロセスを経て成立するものです。精液が放出されるには、精巣、射精管、尿道という順序が必要で、精液は尿道を通って放出されます。人間の体は複雑に出来ていて、尿を出す時と精液を出す時は出口は同じなのですが、それぞれの筋肉を閉じることで調節しています。

射精時に尿の入り口を上手く閉じることができず、膀胱に精液が流れてしまう現象が逆行性射精なのです。簡単に言うと、体外に上手く射精することができず、膀胱に対して精子が逆流を起こしてしまう現象で、不完全逆行射精と完全逆行射精があります。不完全逆行射精は射精時の量が少し減るだけなのですが、完全逆行射精の場合は精液が全く出ません。

交感神経の働きが悪くなると逆行性射精の原因に!

勃起障害の一種である逆行性射精は、交感神経の障害でなることが多いので、原因がよくわからない場合は交感神経の障害の可能性が高いです。内尿道括約筋が尿道口を閉じることで、射精と尿が混ざるのを避けることができるのですが、交感神経の働きが悪くなると尿道口がきちんと閉じることができません。

これこそが逆行性射精の原因で、精子を押し出す力は内向きにも作用しているので、尿道口が閉じることで精子が膀胱のほうへ流れてしまうのです。糖尿病や精髄損傷、腹部や骨盤に異常があると交感神経がうまく作用しなくなるので、逆行性射精の疑いがある人は、まず泌尿科を受診してみると良いでしょう。

逆行性射精は手術の後遺症や薬の副作用が懸念される!

交感神経以外が原因だとすれば、手術の後遺症や薬の副作用が懸念され、過去に前立腺肥大症の治療をした人は逆行性射精になりやすい傾向にあります。逆行性射精の人は、特に射精時の感度が悪くなるわけではないのですが、射精時の量が少ないと妊娠に影響するので注意が必要です。

勃起障害の症状の中でも逆行性射精は複雑なもので、勃起はするものの膀胱がうまく閉まらないことで逆流してしまう症状を指します。膀胱に対して精子が逆流を起こしてしまうので、射精時の量が少なくなるのですが、全く精液が出ないこともあります。この場合は病院での相談をされた方がよろしいかと思います。

尚、EDの薬を処方する専門クリニックですとABCクリニックが日本全国にあり有名です。無料カウンセリングで、ED薬剤(バイアグラ・レビトラ・シアリス等)の処方や「 ED治療機」での治療など、あなたの症状に合わせた改善方法を丁寧に教えてくれます。また、薬局ですとあかひげ薬局が有名で、悩みにあった精力剤を処方してくれます。一度悩みを相談されてみてはいかがでしょうか。