近年EDなどの悩みを持つ方が増えています。ここでは勃起障害(ED)の定義についてチェックします。

勃起障害(ED)の定義

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています、精力はストレスなどの影響を受けEDなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せることが出来ると言われています。
以下では、そんな精力に対する自信を取り戻す方法として「勃起障害(ED)の定義」についてご紹介します。

勃起障害(ED)の定義について

一般的に、勃起障害はEDという名でよく知られていて、平たく言えば勃起機能の低下という症状を指しています。ただ、勃起機能の低下と一口に言っても症状は色々とあるわけで、実際のところ定義自体はどうなっているのでしょう。

男の悩みイメージ2

EDの定義は満足いく性交ができない状態全般のことを指す!

勃起障害はイコール勃起不全と解釈してもいいのですが、その中身は完全に勃起ができない状態のみではなく、勃起に時間がかかったりする場合も包括されています。また、勃起はできても途中で萎えて中折れしたりなど、とにかく満足いく性交ができない状態全てにおいてが勃起障害であり、EDの疑いが懸念されます。勃起障害の定義は幅広く、性交の際に十分な勃起ができず、また勃起状態が維持できないことで満足できる性交ができない全ての状態を指します。

しっかり勃起が得られないだけでなく、その状態を維持できないことも含まれるので、ひょっとしたら自分はEDかもしれないと思う人は少なくないしょう。実際、満足な性行為を行えない状態にある日本人は多く、かつてはそういう人をインポテンスと呼んでいたのですが、差別的意味合いが強いことから勃起障害の名に改められました。EDと呼ばれるようになったのは、英語では勃起障害のことをErectile Dysfunction と書くからで、その頭文字をとったものです。

EDの定義は幅広い!

勃起状態がなんとなくよくない、また、性行為の途中で中折れしてしまう、そうした人は勃起障害を疑うべきで、病院に行くとEDと診断される可能性が高いです。なぜなら、勃起機能の低下全ての症状を包括するのが勃起障害で、まったく勃起が起こらないケースだけでなく、硬さや維持が十分でない状態も含みます。

満足な性交ができない状態がEDの定義なので、その意味合いは幅広く、中折れや途中で萎えてしまう状態も当然に該当します。勃起するのに時間がかかり、また勃起はできても射精前に萎える状態は、全て勃起不全の症状の1つで、ED に含まれるわけです。

日本人の4人に1人が勃起障害(ED)!

EDになる日本人は多く、4人に1人がそうであるというデータもあり、多くの人が満足いく性行為ができない状態に苦しんでいます。性行為はできても硬さが十分でないケースも ED に含まれるので、症状が軽いからと言って油断はなりません。勃起障害を放置すると、性的能力に自信がもてないようになり、性生活に対して臆病になってしまうので早めの処置が大切です。

勃起障害とはEDのことですが、その定義は幅広く、単に勃起不全を指すものではありません。十分な勃起ができず、また勃起状態が維持できない状態、つまり中折れなどで射精前に萎える状態なども全てEDに含まれますので専門クリニックなどで相談されることをオススメします。

尚、EDの薬を処方する専門クリニックですとABCクリニックが日本全国にあり有名です。無料カウンセリングで、ED薬剤(バイアグラ・レビトラ・シアリス等)の処方や「 ED治療機」での治療など、あなたの症状に合わせた改善方法を丁寧に教えてくれます。また、薬局ですとあかひげ薬局が有名で、悩みにあった精力剤を処方してくれます。一度悩みを相談されてみてはいかがでしょうか。