近年EDなどの悩みを持つ方が増えています。ここでは勃起障害(ED)と育毛剤の関係についてチェックします。

勃起障害(ED)と育毛剤の関係

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています、精力はストレスなどの影響を受けEDなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せることが出来ると言われています。
以下では、そんな精力に対する自信を取り戻す方法として「勃起障害(ED)と育毛剤の関係」についてご紹介します。

勃起障害(ED)と育毛剤の関係について

勃起障害になる原因は、加齢や生活習慣、ストレスなどがよく指摘されますが、そんな中、育毛剤との関係性も示唆されています。実際、育毛剤を使用することでEDになってしまうことはあるのでしょうか。

抜け毛イメージ

勃起障害(ED)は育毛剤の副作用も考えられる!

育毛剤を使用することでEDになるとすれば問題ですが、体力の衰えや心の不調だけが勃起障害の原因ではありません。実は育毛剤の副作用により、性欲減退やEDを招く恐れがあるのは事実で、近年、育毛剤の使用による副作用が揶揄されています。実際に副作用として報告されているので、育毛剤の使用で性欲減退になる可能性はあり、これは含まれている成分の作用によるものです。特にミノキシジルが含まれている育毛剤は要注意で、副作用として頭痛や多毛症、性欲減退、ED、動悸、胸の痛み、顔のむくみなどが指摘されています。

性欲減退やEDは育毛剤の副作用の1つでもあるので、使用に当たっては十分な配慮が必要です。そうした副作用があることを知らずに育毛剤を使用すると、結果的に上手く勃起が出来なくなるかもしれません。育毛剤を使用した人の口コミを見ると、勃起しなくなったという声が実際にあるので、勃起障害と育毛剤の関係は否定できないでしょう。きになる方は医師に相談されることをオススメします。

男性ホルモンの分泌を抑える育毛剤は要注意!

EDと育毛剤の関係はまだ明確には解明されていませんが、育毛剤の働きの1つに、男性ホルモンの働きを阻害するという性質があります。昔からハゲの人は精力が強いと言われていて、このことからも、勃起障害と育毛剤の関係性が伺えます。もちろん、体質にも左右されるので一概には言えませんが、男性型脱毛症の原因に男性ホルモンが関係しているのは事実です。

ジヒドロテストステロンという特有の男性ホルモンが分泌されることで脱毛してしまうのですが、育毛剤にはそれを抑制する働きがあります。育毛剤を使ったからと言って必ずEDになるわけではありませんが、男性ホルモンの分泌を抑えるタイプの物は注意しないといけません。このタイプの育毛剤は、抜け毛や薄毛解消に効果的なのですが、副作用としてEDや性欲減退、精液量減少などの危険性があるので注意が必要です。

勃起障害(ED)と育毛剤には密接な関係が!

育毛剤を使用している人は、勃起障害になるリスクを抱えているので、EDにならないよう医師に相談して適切な精力剤を処方してもらいましょう。勃起障害と育毛剤には密接な関係があり、育毛剤の副作用によりEDになることがあります。

明確にはまだわかっていませんが、育毛剤の使用でEDや性欲減退になる可能性はあるので、成分をよく確認してから使うようにしましょう。特に男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤は注意が必要です。

尚、AGA(男性型脱毛症)やED(勃起不全)の薬を処方する専門クリニックですと上野クリニックが日本全国に店舗があり一番有名で、AGA(男性型脱毛症)の治療や「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」などの薬を処方してくれます。また、薬局ですとあかひげ薬局が有名で、あなたの悩みにあった精力剤を処方してくれます。一度悩みを相談されてみてはいかがでしょうか。