精力サプリの成分に配合される黒胡椒。ここでは黒胡椒の効果をレポートします。

精力成分百科事典<黒胡椒>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「黒胡椒」についてご紹介します。

黒胡椒

日常的に料理の香辛料として使う機会が多いのが胡椒です。

この胡椒なのですが、実は精力剤の成分としても使われることがあります。

そもそも胡椒にそんな効果があるのと思う人も多いのですが、健康効果の高い食品としても注目を集めているくらいです。

ここでは胡椒の中でも黒胡椒について書いていきます。

黒胡椒

※参考:Wikipedia「コショウ」

黒胡椒の成分

そもそもの話、黒胡椒とはなにという点から書いていきましょう。

スーパーなどにいきますと、黒胡椒と白胡椒の2つが販売されています。

この2つにどんな違いがあるのかといいますと、製造工程が違うのです。

白胡椒とは胡椒の実が成熟して赤くなったものを使います。

その時に果皮となる部分は水に浸して取り除いてから作られているのです。

黒胡椒は成熟した胡椒の実ではなく、未成熟な緑色の実を果皮ごと発酵させた後に天日乾燥をして製造します。

この発酵、熟成させるという過程があるからか、白胡椒よりも黒胡椒の方に多くの有用成分が含まれるそうです。

黒胡椒の精力効果

黒胡椒の有用成分はピペリンになります。

ピペリンとは胡椒の辛味成分であり、抗菌作用と防腐作用、さらには抗酸化作用があることで有名です。

ピペリンが精力剤の成分として使われるのは血管を拡張する効果が期待できるからです。

エネルギーの代謝を促進する作用とともに血流をスムーズにしてくれる作用から、身体を温めてくれます。

いわば、身体の中のエネルギーを生み出す働きを持っているといっても過言ではありません。

また、血液の濃度を高める働きがあることから、精力剤としては有用な成分だと言えるでしょう。

黒胡椒が含まれるサプリメント

具体的にどのように効果が期待できるのかというと、男性器が勃起をする時に必要とする海綿体への血液の流入です。

海綿体に血液が流入することにより、男性器は勃起を行って性行為が可能となる仕組みをもっています。

加齢や様々なことが原因となって、血液の流入量が少なくなることで、勃起しにくくなり、中折やEDの症状まで発症してしまうのです。

そこで黒胡椒の血管を拡張する作用というのが重要視されています。

血流をスムーズにすることで海綿体に流入する血量が増え、勃起の改善そのものに効果が期待できるからです。

また、血液の濃度をあげてくれるということは、他の有用成分の効果が発揮されやすくなると言っても良いでしょう。

マウス実験ではテストステロンの抑制効果も見られたそうですので、ホルモンという部分でも勃起改善を期待できるかもしれません。

黒胡椒を使った精力剤としてはゼファルリンバリテイン、他にもリザベリンゼルタインフュージョンEXgoing+(ゴーイングプラス)などがあります。

黒胡椒は血流を改善することができる成分ですので、他の成分の摂取を助けてくれる側面もあるのです。

上記のサプリのいずれも主成分ではありませんが、その成分を補佐する形で配合されています。