精力サプリの成分に配合されるビタミン。ここではビタミンの効果をレポートします。

精力成分百科事典<ビタミン(B1、B6、K、B2、A、D、B1、C、E)>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「ビタミン(B1、B6、K、B2、A、D、B1、C、E)」についてご紹介します。

ビタミン(B1、B6、K、B2、A、D、B1、C、E)

ビタミンは健康な生活をするには欠かせない成分です。

このビタミンなのですが、実は13種類もあります。

ビタミンAにビタミンB郡が8種類に、C、D、E、Kをあわせて13種です。

それぞれに人間が生きていくのに欠かせない働きを持っているのですが、ここでは特に精力剤として使われる成分にスポットをあててみましょう。

ビタミンA

※参考:Wikipedia「ビタミンA」

ビタミン(B1、B6、K、B2、A、D、B1、C、E)の成分

精力剤として良く使われるのはビタミンB郡です。

正確にはビタミンB1であるチアミン、B2はリボフラビン、B3はナイアシン、ニコチン酸となっています。

B5はパントテン酸、B6はピリドキシン、B12はコバラミン、葉酸とビオチンとあります。

これらまとめてビタミンB郡と呼ばれることが多いです。

これらのビタミンは精神的なものに作用すると言われており、自律神経の安定には欠かせません。

自律神経が乱れていてはホルモンの分泌などもバランスが崩れてしまい、精力の減退につながるからです。

ビタミンB郡を多く摂取することで、精神的にリラックスができ勃起改善にも大きく役立ってくれます。

特に近年EDを発症している人の多くはストレスが原因である心因性のケースが多いので、ビタミンB郡はかなり重要な成分かもしれません。

もう1つビタミンで良く精力剤に使われているのはビタミンEです。

ビタミンEには抗酸化作用があり、血管障害を予防する効果が期待できます。

また、アルファ型と呼ばれるビタミンEには生殖機能を向上させる効果があるとされていますので、こちらも精力剤では定番です。

ちなみにアルファ型のビタミンEを多く含んでいるのは小麦胚芽になります。

ビタミンEを多く含んでいる精力剤は勃起維持の効果が期待できると言って良いでしょう。

ビタミン(B1、B6、K、B2、A、D、B1、C、E)の精力効果

男性の場合、精力の減退とホルモンであるテストステロンの分泌は大きな関係を持っているそうです。

そのテストステロンを活発化させる効果が期待されているのがビタミンであり、精力剤には欠かせない成分だと言えます。

ただし、ビタミンだけを摂取すれば精力がアップするワケではありません。

飽くまでもビタミンは精力アップのきっかけを作るだけであり、他にも有用な成分とあわせて摂取することが重要です。

ですので、精力剤を選ぶ時にはビタミンB郡やビタミンEが入っているのを確認するだけではなく、他にどんな成分があるのか確認しておきましょう。

ミネラルやたんぱく質などバランス良く配合されているのがポイントです。

ビタミン(B1、B6、K、B2、A、D、B1、C、E)が含まれるサプリメント

ビタミンが多く含まれている精力剤としては、リザベリンゼルタイン
バイタルアンサ−などがあります。

中でも、ビタミンB1、B6、K、B2、A、D、B1、C、Eを含んでいるのがバリテインです。

ビタミン類はそれだけで精力剤とはならない成分ですが、他の成分と組み合わせることで、より効果を高めてくれます。

その他にもビタミンを配合しているサプリは、シトルリンDXgoing+(ゴーイングプラス)フュージョンEXギムリスベクノールライゼックスヴィトックスαGHプレミアムプロキオンなどがあります。

あとマカにもビタミンB1、2、6、12、Eが配合されていますので、マカエンペラーマカ&クラチャイダム12000マカ威龍マカ王ネイチャーシードマカ+クラチャイダムなどが有名です。

結果、上記のサプリのいずれも注目を集める精力剤となっています。一度チェックしてみてください。