精力サプリの成分に配合されるナイアシン。ここではナイアシンの効果をレポートします。

精力成分百科事典<ナイアシン>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「ナイアシン」についてご紹介します。

ナイアシン

ビタミンは精力剤に欠かせない成分の1つとも言われています。

一見すると、ビタミンは精力剤の成分とは関係が薄そうだと思う人も多いかもしれません。

しかし、実際には身体の調子を整えてくれる成分だけに精力剤との関係は深いものがあります。

ここではビタミンB郡の1つであるナイアシンについて考えてみましょう。

ナイアシン

※参考:Wikipedia「ナイアシン」

ナイアシンの成分

ナイアシンがビタミンB郡の1つであるのはお伝えしたとおりです。

一般的には、ナイアシンよりもビタミンB3といった方がわかりやすいかもしれません。

実際にはニコチン酸とニコチンアミドの総称がナイアシンなのですが、実は食品からの摂取以外にも体内で合成することができます。

代謝の補助をしてくれる機能を持っていて、皮膚などの健康維持に欠かせない成分の1つだと言って良いでしょう。

多くの食品に含まれるナイアシンですが、特にレバーや魚、肉類に多く含まれる成分でもあります。

ちなみにですが、ナイアシンは熱や酸などで壊れにくい性質を持っていることでも有名です。

調理や保存にも強いのですが、熱湯には溶けやすいという性質がありますので、煮物やスープなどは煮汁も食べると効率よく摂取できるでしょう。

ナイアシンの精力効果

精力剤としてナイアシンはどのような効果をもたらしてくれるのかですが、これは脂質の代謝に意味があります。

ナイアシンを摂取することで血中の中性脂肪やコレステロール値が下がることがわかっていますので、血流の改善に効果が期待できるのです。

男性器は海綿体に血液が流入することで勃起する仕組みですから、血流を改善することは勃起をしやすくすると言えます。

血管の健康を維持するという意味でも、ナイアシンは大きな意味を持つ成分です。

精力剤としてだけではなく、摂取することに意味があると言えるでしょう。

近年では生活習慣病からEDの症状を発症するというケースが若年層でも増えています。

ですので、生活習慣病の予防にも効果があるナイアシンは摂取しておいて損はない成分だと言えるでしょう。

またダイエット効果にも期待ができますので、そこからEDの症状が出ている人への対策にもなるはずです。

ナイアシンが含まれるサプリメント

このナイアシンを配合している精力剤としてはバリテインバイタルアンサ−ヴィトックスαがあります。

主成分としての配合ではありませんが、主成分を引き立てることができるのがナイアシンの特徴です。

上記のサプリ以外にも成分表示を見てみると、意外と多くの精力剤でナイアシンと書かれており、多くの精力剤に含まれています。

例えば、ゼルタインシトルリンDXgoing+(ゴーイングプラス)フュージョンEXギムリステンザーゴールドベクノールライゼックスGHプレミアムなどがナイアシンを配合しているサプリメントです。

それだけ多くの精力剤で利用されている成分でもあります。一度チェックしてみてはいかがでしょうか。