精力サプリの成分に配合されるタンパク加水分解物。ここではタンパク加水分解物の効果をレポートします。

精力成分百科事典<タンパク加水分解物>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「タンパク加水分解物」についてご紹介します。

タンパク加水分解物

精力剤の中に含まれているのは有効成分だけではありません。

サプリメントとして安定させるためのものや、乳化剤といって水と油のように本来は上手く混ざらないものを均等にするためのものもあるのです。

そうした成分の1つがタンパク加水分解物(乳由来)になります。

ここではタンパク加水分解物(乳由来)について詳しく解説していきます。

※参考:Wikipedia「タンパク加水分解物」

タンパク加水分解物の成分

タンパク加水分解物(乳由来)はその名のとおりにタンパク質を加水分解したものになります。

タンパク質を分解することでアミノ酸を取り出したものが、タンパク加水分解物(乳由来)と言い換えても良いでしょう。

後ろについている(乳由来)とは、これは乳製品を原料として加水分解をしていますという表示です。

乳製品についてはアレルギー表示が義務付けられていますので、こうした文字がついている形になります。

乳製品を元にしたものだけではなく、大豆やとうもろこし、小麦などの植物性の原料を扱うことも多いです。

取り出したアミノ酸については、一般的にうま味調味料として扱われていると考えて良いでしょう。

サプリメント以外にも多くの食品などで、このタンパク加水分解物(乳由来)を見かけることができます。

タンパク加水分解物の精力効果

タンパク加水分解物(乳由来)を製造する方法としては、大きくは3つの方法があるようです。

塩酸分解法、酵素分解法、熱水抽出法とあるのですが、コストなどの問題で塩酸分解法がよく採用されています。

ただし、塩酸分解法を使用した場合、現時点では発がん性物質と疑われている物質が少量されるそうです。

このため塩酸分解法から酵素分解法に主流が移りつつあるとされています。

ちなみに塩酸分解法で発生する発がん性物質については、世界保健機構における食品添加物専門会議において、国際的な規格が設けられています。

そのため安全性は確保されていると言って良いでしょう。

精力剤の成分として使われることもあるのですが、基本的にはなんらかの精力回復効果がある成分ではありません。

精力剤を飲みやすくするための成分だと考えてください。

タンパク加水分解物が含まれるサプリメント

タンパク加水分解物(乳由来)が入っている精力剤の1つがバリテインです。

ただし、タンパク加水分解物(乳由来)が含まれているのはバリテインだけではなく、多くの精力剤がそうだと考えてください。

先述したように精力回復のための成分ではありませんが、長く服用することが前提の精力剤には欠かせない成分だと言えます。

身体に害がないというのも国際規格で証明されていますので、安心して利用できるでしょう。