精力サプリの成分に配合されるカミツレ。ここではカミツレの効果をレポートします。

精力成分百科事典<カミツレ>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「カミツレ」についてご紹介します。

カミツレ

近年では様々な精力剤が販売されており、そこに配合される成分もまた百花繚乱の状態であると言っても良いでしょう。

精力剤としておなじみの成分もあれば、なかなか見かけない成分まで幅広くあります。

ここではカミツレという成分について詳しく紹介してみましょう。

※参考:Wikipedia「カモミール」

カミツレの成分

カミツレとは、ある植物の和名となります。その植物とはカモミールです。

ハーブの1つとして良く知られており、女性だとハーブ茶として良く飲んでいる人もいる多いのはないでしょうか。

ヨーロッパから西アジアにかけて広く分布している植物で、実は4千年以上も前から薬草として用いられていた歴史があります。

特にヨーロッパでは最も歴史のある民間薬として有名で、現在でも医薬品として利用されているそうです。

日本に入ってきたのは19世紀に入ってからで、その後は鳥取や岡山などで栽培されるようになりました。

薬草としては発汗や消炎作用が有名であり、婦人病などの治療に多く用いられていたそうです。

現在では安眠やリラックス作用を目的としてハーブ茶として使われるのが一般的でしょう。

ただし、カミツレはキク科に属する植物ですので、キク科のアレルギーがある人は注意してください。

カミツレの精力効果

カミツレが精力剤として利用されるのは、やはりそのリラックス効果を期待してのことでしょう。

男性の性機能は多くの人が思っているよりもデリケートにできています。

ちょっとしたことでもEDを発症してしまうのですが、女性にはなかなか理解しにくいかもしれません。

特に近年では20代や30代といった比較的に若年層の人たちの間で、EDの症状が出ることも珍しくなくなっています。

その理由として多いのが、ストレスを中心とした心因性のものです。

そもそもストレスを慢性的に感じていると、自律神経が休まるヒマがありません。

自律神経は交感神経と副交感神経で成り立っているのですが、ストレスを感じることでそのバランスが崩れてしまうのです。

交感神経が優位な状況が続いてしまうと、血流が阻害されてしまいますし、なによりも体調を維持するのが難しくなります。

結果、EDの症状を発症してしまうケースが多くなっているのです。

そこでカミツレのようにリラックスできる成分があれば、緊張し続けている神経を落ち着けることができます。

カミツレが含まれるサプリメント

カミツレを含んでいる精力剤としてはバリテインがあります。

カミツレ以外にも多くの成分が配合されており、様々なことで効果を期待できる精力剤です。

バリテインは心因性のものだけではなく、肉体疲労の回復や滋養強壮にもなることから、注目を集めている精力剤の1つなのです。

他には、リザベリンゼルタインにもカミツレが配合されています。